セロトニンとは?

セロトニンといっても聞いたことがあるような無いような、そういった人が多いのかもしれませんね。でもこのセロトニン人間の体にとって、とても重要な働きをしているんです。

hand

セロトニンは幸せのホルモンとも呼ばれているもので、人間の精神面にも大きな影響を与えている物質となります。

人間の体内には重要な役割を持っている三大神経伝達物資と呼ばれる物質があります。その一つがセロトニンであり、その他にもノルアドレナリン、ドーパミンがあります。


セロトニンの働きは?

セロトニンは体内の腸内と血液中、脳内にある物質であり、腸内には全体の90%、血液中に8%。脳内に2%が存在していると言われています。それぞれの場所で働きには違いがあります。

fusoku

腸内にあるセロトニンは、ぜん動運動に関わっており消化を助けるといった効果があります。血液中にあるセロトニンに関しては、止血作用や血管の収縮作用があります。では、脳内にあるセロトニンの働きはというと交感神経系と連動して体内時計を調整してくれる役割を持っています。

脳内にあるセロトニンに関しては、気分や感情といったもののコントロールを行い、さらに依存症や衝動行動といったことの抑制を行っており、脳にある海馬で記憶力などににも影響を及ぼしているとされています。また、呼吸などの反復運動にもかかわっています。

これだけ見てもセロトニンが人間の体にとって、重要であるということがわかるでしょう。


これが不足すると、どうなるの?

セロトニンが不足するとどのような症状が現れるのでしょうか? セロトニンは呼吸や消化にかかわっているだけでなく、心身に関わっている物質。特に注目されているのが心のバランスを整える作用があるということでしょう。

心のバランスを整える作用があるということからセロトニンが不足してしまうことで精神的な症状も多く現れることになります。

やる気が出ない、怒りっぽい、イライラしてしまう、眠ることができないといったような実に様々な症状が現れます。

近年では、特に若い世代での“キレる”ということがありますが、これもセロトニン不足が要因となっているのではないかと言われることもあります。


不足するのはなぜ?

セロトニンの不足に関しては特に近年注目されるものとなってきました。年々、うつ病患者、自殺者、キレる若者の数が増加傾向にあり、これにセロトニンが関わっていると考えられています。でもどうしてセロトニンが不足してしまうのでしょうか?

セロトニン不足は、現代社会の生活環境が大きく影響していると言われています。現代の生活というと生活リズムの崩れ、運動不足などなどあります。

sumaho2

中でも若い年齢層に関しては、スマホやテレビゲームなどを行うことが多く外に出て体を動かすということが少なくなってきている。こういったことが原因となっているのではないかという話もあります。

セロトニンの不足に関しては加齢も大きく影響してきます。しかし、年齢だけでは、かたずけられないほどセロトニン不足の症状が出ている人が多いということは、日ごろからセロトニンを意識することも必要な事になってくるのかもしれません。


幸せホルモンを増やすには?

sora2

セロトニンを増やすためには?